運営・経営

事業売却(M&A)することを前提とした整骨院を開業・経営するススメ

事業売却(M&A)が現在の柔道整復師を輝かせる唯一の道

「事業売却(M&A)」はやりたいと言ってできるものではありません。

しかし、「事業売却(M&A)」が可能なところまで整骨院を創り上げられれば、整骨院を事業売却(M&A)した後の人生は大きく変わります。

よくある質問としては、

「事業売却(M&A)」できる条件を整えておきながらなぜ売却しなくてはいけないのか

というものがあります。

しかし、この質問をしている方はおそらく「赤字」、もしくは個人経営で行われている人でしょう。

従業員を雇い、複数店舗経営すれば現在の整骨院業界の危うさにはすぐに気づくことになります(『黒字経営だからこそ事業売却(M&A)するという考え方』)。

事業売却(M&A)という選択肢は、これからの整骨院経営を考えていくと非常に大切な考え方になってきています(『整骨院店舗の事業売却(M&A)が柔道整復師の未来を救う』)。

整骨院業界は昔のように店舗を出せば儲かるという時代は終わり薄利多売な業界へと進んでいます(『これからの整骨院業界の5年後を予測する』)。

とはいえ、まだまだ整骨院を小さな規模で行えばしっかり利益を生み出すことは比較的簡単な業界です(『整骨院経営の売上を安定させるのが簡単な理由』)。

そう考えれば、小さく始めた整骨院を「事業売却(M&A)」できる状態まで育てあげ、その店舗を売却してしまうという考え方をもって開業するというのも一つの手法であると言えます。

そうすれば、5年間で粗利1億円ぐらいは稼ぎだすことが可能です。

具体的に進め方が分からない先生は弊社までお問合せください。

弊社のコンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内、1日平均来院数100人前後(施術者2名)にまで育て上げ3店舗の運営を行った後、事業売却(M&A)を行い現在の整骨院専門のコンサルタントとして活躍しています。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗の「事業売却(M&A)」は考え方次第で誰でもできる
整骨院経営は本当に利益率が良いのか?
整骨院経営者が抱える悩みはいつも同じ ~大半の悩みを解決する事業売却(M&A)~
整骨院経営.comが10坪4床たった5年間で粗利1億円稼ぎだせる理由
整骨院店舗を繁栄させてくれる本物のリピートとは
整骨院の経営を続けたければラジオ体操に行け

最新記事のチェックにフォローしよう